自己免疫疾患と線維筋痛
線維筋痛症および慢性疲労症候群は、単独で発症する疾患であるか、基礎疾患の症状である可能性があります。一部の自己免疫疾患に苦しむ多くの人は、しばしば線維筋痛症および慢性疲労症候群に苦しんでいます。自己免疫疾患とは何ですか?基本的に、自己免疫疾患は、免疫系の機能不全があり、身体が自身の細胞、組織、臓器を誤って攻撃したときに発生します。したがって、自己免疫疾患は、身体のどの領域が影響を受けるかを決定します。

線維筋痛症と慢性疲労症候群を伴うことが知られているいくつかの自己免疫疾患を調べてみましょう。

  • ループス.
    ループスは慢性的で炎症性です。皮膚、関節、内臓など、多くの臓器系に影響を与える可能性があります。ループスのいくつかの症状には、発熱、疲労、mal怠感、これは気分がよくない全身状態の単なる医学用語であり、皮膚発疹、しばしば蝶型、日光および関節痛または腫脹に対する過敏症が含まれます。

    ループスは、軽度の症候性から重度の衰弱に至るまでさまざまです。慢性ですが、治療の選択肢はうまく機能し、ループスを持つ人の予後は一般的に非常に良好です。ループスの詳細については、アメリカのループス財団をご覧ください。


  • 多発性硬化症.
    MSは中枢神経系の病気(脳、脊髄、脊髄神経に見られる病気)で、神経を取り囲む保護組織であるミエリンを損傷します。中枢神経系に影響を与えます。

    繰り返しの発作 炎症、それは自分自身を攻撃し、瘢痕組織を作成する、または 硬化症、神経細胞の被覆に沿って。これにより、脳と神経経路間のメッセージが損なわれます。

    MSの症状には、四肢の脱力、振戦、麻痺、しびれ、刺痛、協調性の低下、バランスの喪失、視力の低下などがあります。
    線維筋痛症と慢性疲労症候群の両方は、強力なMS模倣です。したがって、神経内科医はMSを除外し、症状がFMSまたはCFSに由来すると自動的に想定しないようにする必要があります。実際、CFSは脳病変も引き起こす可能性があり、神経科医はこれがMSの徴候であると考えています。したがって、正確な診断には完全な病歴、慎重な検査、適切な検査が不可欠です。

    この病気について411を取得したい場合は、多発性硬化症協会(MSAA)のWebサイトをご覧ください。


  • クローン病.
    クローン病は、消化管の炎症を引き起こす慢性疾患です。消化管は胃腸管とも呼ばれます、または 消化管。この病気は通常、 回腸。そこで小腸と大腸が出会うのです。症状には以下が含まれます:腹痛、体重減少、発熱、下痢、悪臭を放つ便、指やつま先のクラブ。


    Crohn’s and Colitis Foundation of America(CCFA)のWebサイトで、クローン病について詳しく知ることができます。


  • 糖尿病、またはI型糖尿病.
    糖尿病にはいくつかの種類があります。 I型糖尿病は、体がインスリンの産生を妨げるか、産生するインスリンを攻撃するため、自己免疫です。インスリンは、砂糖に対する身体の反応を制御する必要な膵臓ホルモンであり、使用可能な燃料に変わります。

    I型糖尿病は多くの名前で呼ばれています。以下にいくつかを示します。
    • 糖尿病、
    • 若年性糖尿病、
    • およびインスリン依存性糖尿病。
    この疾患の症状には、過度の渇きおよび/または排尿、食欲の増加にもかかわらず初期体重減少、疲労、悪心が含まれます。糖尿病は世界中で最も一般的な病気の一つです。それに関する情報を含む多くのサイトがあります。 ADA(アメリカ糖尿病協会)のサイトから始めることをお勧めします。


  • これらの自己免疫疾患について詳しく知りたい場合は、次の本をお勧めします。

    動画の説明: 線維筋痛症はどんな病気 元フジテレビアナウンサーの八木亜希子さんやレディーガガが罹患 慢性疲労症候群との関係や治す方法 効く痛み止めとは 鎮痛補助薬の名前は? (七月 2020).