野球101プレーヤーの作り方
David Landryは2007年にこれを書きました。更新しました。

アウトは、野球の大罪です。各チームの得点はわずか27アウトで、9回のイニングごとに3アウトです。すべての野球選手の目標は、彼が行うアウトの数を最小限にすることです。

バッティング
打者はアウトをする機会が最も多い。これが、バッターの成功を判断するために最も頻繁に使用される統計がベース率(OBP)である理由です。バッターがアウトにならずにベースに到達する時間の割合を測定します。打者が勝つ方法は次のとおりです。

打者はボールを打ち、地面に触れる前に公正な領域の野手に捕らえられます。これは、ボールが真っ直ぐに打たれたとき、またはボールが高いアークで打たれたとき、フライアウトと呼ばれることもあります。
打者は、安全に基地に到着する前にタグ付けされます。
打者がベースに触れる前に、野手はボールを保持しながら最初のベースに触れます。
三度目のストライクはキャッチャーによってキャッチされます。キャッチャーが3回目のストライクをキャッチできなかった場合、バッターがボールにタグを付けるか、バッターがベースに到達する前に最初に投げなければなりません。
1 baseにランナーがいて、アウトが2回未満の場合の内野飛行。これはインフィールドフライルールと呼ばれます。目的は、野手が意図的にボールを落とすことを防ぎ、素早く回復してダブルプレーをすることです。
3回目の攻撃でファウルランディングするバント。

ランニング
ランナーは、いくつかの状況でアウトをすることができます。ランナーがベースに触れている限り、彼はタグアウトできませんが、リードを取ることでリスクを取る必要があります。これは、ベースを盗む試みの前奏曲かもしれませんし、ボールが打たれたときに次のベースに到達するために必要なステップ数を減らす試みかもしれません。ベースランナーが勝つ方法は次のとおりです。

ランナーは、ベースから立ち上がっている間にタグ付けされます。
ランナーはベースラインの外側で実行されます。
ランナーは野手に干渉します(私のお気に入りの例は、A-Rodがブロンソン・アロヨのグローブからボールを​​打ったときでした。
ランナーは打たれたボールに当たった。
ランナーは、ボールがキャッチされた後、次のベースに走るときにバッグに触れません(タグアップ)。この場合、野手は、ランナーが出したベースにタグを付ける必要があります。
ランナーは彼の後ろに別のランナーを持ち、彼が走っているベースにタグが付けられると強制的に追い出されます。
2人のランナーが同じベースにいます。

ダブルプレイ
1回のプレイで2つのアウトを記録できる場合があります。この最も一般的な例は、GDP(Ground into Double Play)で、最初にランナーがいて、打者がグラウンドボールを打ちます。野手は2 baseにタグを付け、2番めのフォースを出すために最初にボールを投げます。

犠牲
これは間違いなく、外出に関するルールの例外です。犠牲の状況とは、プレイヤーが特定の戦略的結果をもたらすために出馬する状況です。犠牲フライは最も簡単です。犠牲フライでは、3 baseにランナーがいて、アウトは2つ未満です。打者はディープフライボールを打ち、3番目のランナーが「タグアップ」(3番目のベースを離れる前にボールがキャッチされるまで待機する必要があります)して、外野手がボールをホームに投げる前に得点します。

他の重要な犠牲は犠牲バントです。この場合、オブジェクトは通常、ランナーをスコアリング位置(2番目または3番目のベース)に移動します。これは通常、アウトがなくランナーが最初にいるときに行われます。この場合、打者はバント(ボールを伸ばしたバットに当てることができます)し、ボールをファウルラインに沿ってドリブルします。これにより、1人目または3人目のbase手がボールを打つためにプレートに向かって走らなければなりません。

動画の説明: 【ピッチング上達!】「腕の力を抜け」と言われるのは何のため?力を抜くコツとは (九月 2020).