救い主が提供する避難所を見つける
今日、伝道の書11:3-4でこれを読みました。「雲が雨だらけの場合、雲は地に空になります。木が倒れる場所で木が南または北に倒れると、そこに落ちます。

風を見る者は種をまきません。雲を見る者は刈り取らない。」
私たちは霊的にもっと雨の多い時期に生きることができますか?風がもっと強く吹いて人生の日々を過ごせるのでしょうか?そうは思いません。

亡くなった教会の預言者であるヒンクレー大管長は、10年近く前に、ソドムとゴモラには、今日持っていないものは何もないと言いました。彼の正確な言葉は次のとおりでした:「ソドムとゴモラのすべての罪は私たちの社会に出没します」(ゴードン・B・ヒンクレー、「時の過酷な生活」、エンサイン、2001年11月、4)。

しかし、ヒンクレー大管長は、今日の致命的な嵐にあまりにも集中していたので、彼は進歩を妨げられ、種まきも刈り取りもしませんでしたか?番号。

ヒンクレー大管長は伝道の書に見られる知恵を生きました。彼は自分の人生を生き生きと歩み、唇に笑みを浮かべていました。社会が私たちの道を送る連続的な嵐の中でこれはどのように得られるのでしょうか?伝道の書11:3-4には貴重な秘密が含まれています。

これらの聖句は嵐を語っています。人は「風」が吹いていることを知っていますか?もちろん。しかし、恐怖の中に凍りついて、保留中の嵐を見つめることは、健康的な準備が行われないことを意味します。この節は、嵐にのみ焦点を合わせ、「種をまく」時間がないため、心配して善意に従事している場合を思い出させます。

人は曇り空の下を歩いていることを知っていますか?もちろん。それは見ることができ、感じることができます(視力のある人なら誰でも)。しかし、雲だけに焦点を合わせた場合、伝道者は健康的な収穫は来ないことを思い出させます。風の強い空を見つめて凍りついています。

伝道の書11:3-4に述べられているように、そしてヒンクレー大管長が彼の人生の行動によって示したように、私たちは霊的な雨と嵐が私たちの周りを渦巻くことに焦点を合わせることはありません。私たちはそれらを知っていますか?はい。それらの準備をしていますか?はい。しかし、すべての喜びは消えますか?いいえ。ヒンクリー大管長は、恐怖の代わりに喜びをもたらす、生産的な代替案を提案しました。

ヒンクレー大管長のアドバイスは次のとおりです。「私たちについての苦痛に耐えることはなく、ほとんどどこにでも見られるひどいことにも関わらず、世界中に広がる紛争にもかかわらず、私たちはより良くなることができます」(同上)。

私たちは良くなることができます。もっと努力することができます。それが私たちに種をgetsきさせるものです(それが収穫につながります)。その道は、イエス・キリストの人生と教えにあります。イエス・キリストに焦点を合わせて行うすべてのこと、言うこと、焦点を合わせると、私たちは世界の激しい嵐を乗り越え、それを超えて動くことができるようになります。私たちは霊的に乾いたままになります。

それがキリストの約束です。霊的なあられと社会の悪質なみぞれと風が破壊する恐れがあるとき、ここにキリストが提供するものがあります。 、どちらも恐れさせないでください」(ジョン14:27)。

私は平和と精神的安全を学んでいます。これは、毎日の聖文研究から得られる貴重な成果のいくつかです。すごい。以下は、聖書をオンラインで読むための簡単なリンクです。お気に入りの詩をブックマークして、何度も戻ることもできます。邪悪な風がうなり声を上げ、ひどい雨が降り注ぐとき、主は私たちが平和と霊的な暖かさを与えるために到着するのを待っています。このすべては、私たちを取り巻くソドムとゴモラのカウンターパートで見つかった社会の汚物にもかかわらずです。

伝道の書11:3-4はクールな詩のセットです。 「風を観察する」必要はありません。救い主が提供する避難所を見つけるだけです。

動画の説明: 環境改善を…長期化する避難所生活 在宅避難者への支援も課題 倉敷 (七月 2020).