日付モーション背景を保存する
この動きでR チュートリアルでは、マイクロストックサイトで販売されるSave the Dateバックグラウンドビデオを作成します。バックグラウンドアニメーションとして販売されているため、顧客は.movファイルをそのままメールで送信するか、テキストを追加するかを選択できます。

グラフィックス

レイヤー化されたPhotoshopをインポートしますR ファイルには、銀色のボケ背景、彼と彼女のシルクハット、ゴールデンシルクハットのアイコンが含まれています。背景のボケはPhotoshopで作成され、シルクハットはIllustratorからPhotoshopファイルにコピーされました。

モーションプロジェクト

現在のところ、HD 1080の解像度が最も人気があります。それでは、ブロードキャストプリセットと8秒の長さで新しいMotionプロジェクトを開始しましょう。

  1. 最上位のレイヤー名をProjectからプロジェクトの名前に変更します。

  2. グループレイヤー名を「グループ」から「グラフィック」に変更します。

  3. [ファイル]-[すべてのレイヤーをインポート]をクリックして、レイヤー化された.psdファイルをインポートします。

ビデオ全体を通して画面のボケの背景を保持しますが、モーションパスビヘイビアを使用してシルクハットが表示されます。また、テキストシーケンス動作を使用してテキストを追加します。タイミングを分析しましょう。

  1. 花嫁のシルクハットは、画面の左側から始まり、中央に移動します。モーションパスは、タイムラインで:10秒から2:00秒まで拡大します。

  2. 新郎のシルクハットは、画面の右側の外側で1:00秒に始まり、中央で2:15秒に終わります。

  3. メインテキスト「It's a Wedding」は、タイムラインの開始時にフェードインし始め、1:00秒で終了します。

  4. 「日付を保存」テキストは、2時15分から3時15分までフェードインします。

  5. 次の画面に移行するために、画面上で右から左に半透明のオーバーレイを移動します。 4:00秒で画面に入り、5:15秒で画面の左側の外側で終了します。

  6. 5:25秒に、2本の垂直線を追加して2番目のシーンを開始します。これにより、オプションのテキストを表示する領域がフレーム化されます。

ユーザーは、ビデオをそのままメール、YouTube、または結婚式のサイトで使用できます。ユーザーがビデオの最後にオプションのテキストを追加できるように、Motion、Final Cut Pro、iMovieなどの.movクリップをインポートするアプリもいくつかあります。

継続する

サンプルプロジェクト




動画の説明: 背景付きテキストの作り方(プロジェクトファイルはダウンロード可能) - Final Cut Pro X & Motion 5 (2018) (九月 2020).