共有データベースでのASPの使用
Webサイトのデータベース使用量を増やしている場合、多くの場合、MySQLまたはMS-SQLデータベースへの共有アクセスを可能にするホスティングプランを使用します。

この状況の良い面は、他の誰かがあなたのためにすべてのSQL管理を処理していることです。テーブルにスペースを割り当て、システムをバックアップし、ディスク構造を管理し、ソフトウェア料金を支払います。

データベースシステムに直接アクセスできないため、テーブルの設計と変更はリモートでしか行えません。通常、Accessを使用してこれを行います。つまり、Accessにリモートデータベースに接続し、遠くからテーブルとインデックスを作成するように指示します。 PowerBuilderなど、このリモート管理を行うために購入できる他のツールがあります。

この状況の悪い面は、設定したい方法で実際に何も設定できないことです。ホスティング会社がデータベース設計について無知であり、これをお金を稼ぐためだけに行っている場合、非常にゆっくり実行するようにデータベースを設定できます。彼らはあなたのデータをバックアップしていると思うかもしれません-しかし、あなたが復元を求めるとき、彼らは「Ooooops!」と言うかもしれません。私は2つの異なるホスティング会社でそれを経験しました。

また、共有データベースの状況では、実際に他のユーザーとリソースを共有しています。他の誰かが高強度のデータベース操作を行っている場合、最適化のための最善の努力にもかかわらず、クエリの実行が非常に遅くなる可能性があります。あなたは他の共有者が何をしているのか完全に容赦しています。

サイトが成長している間は共有データベースを使用するのが合理的なソリューションかもしれませんが、サイトがうまくいけば、できるだけ早く独自の専用データベースに移行することを検討する必要があります。

動画の説明: VS100-020 Visual Studio 2012 & ASP.NETとレスポンシブ Web デザイン (マーチ 2021).