ボランティアはあなたと他の人を助けます
あなたが失業しているとき、ボランティアは直感に反するように見えるかもしれません。結局のところ、ボランティア活動には時間とお金がかかります。しかし、ボランティアには多くの個人的および職業上の利点があります。他の人を助けるのと同じように、あなたは確かに自分自身を助けることができます。ボランティア活動は、履歴書を強化し、社会的および専門的なネットワークを強化し、失業中の心理的な幸福感を深めるのに役立ちます。

ボランティア活動は、既存の専門知識を鋭く保ち、新しいスキルを学ぶ機会を与え、より広い責任感を示すことを可能にすることにより、履歴書を強化します。多くの非営利組織、教会、コミュニティ組織、市民団体、環境団体、および公共サービス機関は、多くの場合、業務のさまざまなレベルで支援を必要としています。また、貴重な実務経験を得て、幅広い職務を遂行する機会を与えます。彼らはおそらくあなたが持っているスキルを高く評価し、さらに学ぶための道を提供します。履歴書のボランティア活動は、失業中であっても忙しく生産性を維持するために率先して行動する可能性のある雇用主を示しています。あなたがボランティアをしているという事実は、潜在的な雇用者を感動させることが多いのです。

今日のまばらで競争の激しい雇用市場では、社会的および専門的なネットワークを構築することが重要です。ボランティア活動は、組織内および組織内の幅広い人々と出会い、関係を築く機会を提供します。あなたが彼らを助け支援するとき、あなたは彼らが仕事の機会について学ぶときにあなたのことを考えるかもしれない多くのコンタクトを開発します。ボランティアはまた、あなたが奉仕する組織内で有給雇用につながる可能性があります。また、仕事の見返りに、ガスの払い戻しや、組織がクライアントにサービスを提供した後に残った商品や食べ物を使用する機会など、いくつかの特典を受ける資格があります。さらに、ボランティア活動中に出会う個人は、就職活動の参考になります。これは、あなたが古い仕事を辞め、その職場で誰も参照として使用できず、仕事の経験がほとんどない場合、または個人的または倫理的な理由で以前の雇用者と橋を燃やした場合に特に重要です。

ボランティアは他の人を助けますが、失業中の心理的な幸福感を深めるのにも役立ちます。あなたはあなたがあなたが持っていたことを決して知らなかった原因に対する情熱を発見するかもしれません。あなたの経験は、あなたに新しい、異なるキャリアとライフパスを模索するように刺激するかもしれません。他の人を助け、あなたが必要であると知ることは、失業から来る否定的な感情と戦うのに役立ちます。目的意識を養います。他の人を助ける代理店と協力することは、あなたが感謝しなければならない良いことについての見方を維持し、どんなに困難なことになってもそれを悪化させる他の人がいることを認識するのに役立ちます。

明らかに、ボランティア活動を考慮する多くの理由があります。他人を助けるために働くことは、個人的に、専門的に、そしておそらく経済的にもあなたを助けることができます。ボランティアの世界を探検してください。喜んでくれます。

動画の説明: 助けて!ボランティアさん! (六月 2021).